発症リスクを下げるには?ガンと免疫の話

ガンと免疫力

ガン細胞を攻撃する2種類の免疫細胞「NK細胞」「キラーT細胞」

ガン細胞は、正常な細胞の遺伝子が傷つき、分裂や増殖のコントロールが失われた細胞です。
実は、健康な状態でも毎日数千個のガン細胞が発生しているといわれていますが、「免疫」の働きによってガンの発症や増大を未然に防いでいます。
ガンに対抗する際に、特に重要な働きをしている免疫細胞が、NK細胞とキラーT細胞です。
NK細胞は、常に全身を回ってパトロールし、日々発生するガン細胞を見つけると、すぐに攻撃して殺します。
早期にガンの芽を摘むことで、腫瘍形成を防いでくれるのです。
しかし、NK細胞の攻撃をかいくぐって増殖を始めるガン細胞もいます。そこで次に活躍するのがキラーT細胞です。
キラーT細胞はガン細胞の特徴を覚えたうえで、集中的にそのガンを攻撃します。
このように、免疫細胞は、常に連携しあいながら、チームで戦っています。

ガンに対する攻撃力を高めるには?

攻撃力強化に重要なタンパク質サイトカイン「インターフェロンガンマ(IFN-γ)」「インターロイキン2(IL-2) 」

免疫細胞が、ガンに対する攻撃力を強めるために重要なのが、サイトカインと呼ばれるタンパク質です。免疫細胞は、様々なサイトカインを使って相互に情報伝達しながら、ガンと戦っています。
例えば、インターフェロンガンマ(IFN-γ)はNK細胞の増殖を促進したり、NK細胞の攻撃力を高める作用があります。また、インターロイキン2(IL-2) は、キラーT細胞の誘導や増殖に必須で免疫系を広く活性化することが知られています。

ガゴメ昆布フコイダンの抗ガンメカニズム!

ガゴメ昆布フコイダンが腸管を刺激し、サイトカイン(IFN-γとIL-2)の産生力を高めます。

サイトカイン(IFN-γとIL-2)が免疫細胞(NK細胞とキラーT細胞)を活性化させます。

免疫細胞(NK細胞とキラーT細胞)のガンに対する攻撃力が高まります。

腫瘍の増殖を抑えます。

ヒト試験で解明!ガゴメ昆布「フコイダン」がガン免疫に重要なサイトカイン産生力を高める

タカラバイオは、京都府立医科大学との共同研究で、ヒト試験を行いました。
免疫機能が低めの高年齢者55~74歳にガゴメ昆布フコイダン(1日当たり200mg)、または、プラセボ※を28日間摂取して頂き、摂取前後に採血を行いました。そして、血中の免疫細胞を分離し刺激して、免疫機能(サイトカイン産生能)を評価しました。
なお、試験期間は気候ストレスのかかる2013年7~8月の夏季に行いました。
※プラセボとは、見た目が同じでフコイダンを含まない試験食です。

IFN-γ 摂取前後の変化量

IL-2 摂取前後の変化量

日本補完代替医療学会誌 第12巻,第2号,p87-93

ガゴメ昆布フコイダンを摂取していなかった方と比較して、ガゴメ昆布フコイダンを摂取していた方では、有意にIFN-γやIL-2を作る能力が高いことがわかりました。

試験結果に対して宇野先生にお話をうかがいました

免疫細胞はサイトカインという液性の生理活性物質を産生し、お互い活性化したり抑制したりして、外敵に立ち向かっています。今回行ったのは、採血した血液に特別な刺激を与えて、非常事態が起こった時に免疫細胞がどのような反応をする能力をもっているかを調べるルイ・パストゥール医学研究センター独自の免疫機能検査で評価を行いました。結果として、プラセボ群ではインターフェロンγやインターロイキン2の産生力が大きく落ち込んだのに対し、フコイダンを摂取したグループでは低下がみとめられませんでした。
  インターロイキン-2はT細胞の増殖に必須のサイトカインですし、インターフェロン-γはヘルパーT細胞やNK細胞、NKT細胞が産生するサイトカインであり、抗腫瘍免疫を強化するのに必要なサイトカインです。特にヘルパーT(Th)細胞には、IFN-γをもっぱら産生するTh1細胞とIL-4を産生するTh2細胞があり、がん患者さんではTh1細胞優位の方が望ましい事が明らかにされています。また、アレルギー体質の方はTh2優位である場合が多いです。今回の試験において、相対的にTh1サイトカインの産生力がフコイダンの摂取によって高まっていることは、がんに対する免疫が強化されアレルギー体質改善にも繋がる可能性が期待される結果で、健康にとって良いことだと考えられます。なお、プラセボにおいて摂取後にサイトカイン産生力が落ちている理由としては、この試験が記録的な猛暑であった2013年の7月~8月に実施され、気候ストレスが影響したと考えられます。このことから、フコイダンには気候ストレスなどによる免疫低下に対して効果が期待できます。今後、さらにフコイダンの免疫機能に関する研究を進めることが重要だと思います。

宇野賀津子先生(うの かづこ)
ルイ・パストゥール医学研究センター
基礎研究部 インターフェロン・生体防御研究室 室長
理学博士
1972年大阪市立大学理学部生物学科卒業、京都大学理学研究科(博士課程動物学専攻)単位取得後退学、1986年京都パストゥール研究所(現ルイ・パストゥール医学研究センター)に入所後、1990年より現職。インターフェロンをはじめとする免疫機能とがんやウイルス感染との研究を長年にわたり進める第一人者。
先生のご活動はこちら
http://www.louis-pasteur.or.jp/kenkyukatudou/labo_ifn.html

コラム・フコイダンによる働きの違いを徹底検証!

高分子と低分子の違い
ガンの増殖を抑制

ガン細胞を移植したマウスに高分子のままのガゴメ昆布フコイダンと、低分子化したガゴメ昆布フコイダンを同量飼料に混ぜて与えた結果、高分子のままのフコイダンの方が、低分子化したフコイダンよりも強い抗ガン作用を示しました。

フコイダンは“高分子”であることが重要!

海藻による違い

フコイダンは海藻に含まれる糖類で食物繊維の一種です。一口にフコイダンと言っても、多糖を構成する成分や構造は、由来となる海藻によって少しずつ異なります。
そのため、抗ガン作用や免疫力を高める作用も海藻によって変わってきます。
そこで、海藻による比較実験を行いました。
ガン細胞を移植したマウスに様々な海藻由来のフコイダンを同量飼料に混ぜて与えた結果、ガゴメ昆布由来のフコイダンが最も強い抗ガン作用を示しました。

ガゴメ昆布のネバリの中には、U・F・G 3種類の異なる構造のフコイダンが含まれています。

ガンの増殖を抑制
フコイダンは“構造”が重要!

婦人科系ガン再発防止の可能性を確認

婦人科系ガン(乳ガン・子宮頸ガン等)の既往を有する女性を対象とした試験の結果、ガゴメ昆布「フコイダン」によりNK活性増加やQOL向上の傾向が認められました。
また、炎症や血管新生に関与する数値の低下も認められたことから、ガン細胞の増殖しにくい環境を作り出すことで、ガン再発防止への可能性を示しました。

レポート ガゴメ昆布「フコイダン」の有用性がフォーラムにて発表されました。
主催:バイオでつなぐ医と食の研究会
2016年8月28日、キャンパスプラザ京都で「フコイダン/アガロオリゴ糖研究フォーラム」が開催されました。
フォーラムでは医科系大学の先生方が集まり、健康長寿の秘訣やガゴメ昆布「フコイダン」の機能性などを紹介。また、ガゴメ昆布「フコイダン」の「婦人科系ガン再発防止の可能性」についても発表され、大きな関心を集めました。
あなたの防御力を測定 免疫力低下チェック! 心がけたい日常の習慣 免疫力アップ体操 タカラバイオ「フコイダン」研究史発症リスクを下げるには?ガンと免疫の話ガゴメ昆布「フコイダン」の抗がん剤副作用軽減作用 育毛を「フコイダン」が手助けします!育毛促進作用
PAGE TOP